「眼」について

リタイア直前にインターネットに出会った私が、年齢とともに衰える自分の「眼」について、インターネットで得た知識をまとめたホームページです。

そもそも「眼」とは

眼とは光を受容する感覚器である。光の情報は眼で受容され、中枢神経系の働きによって視覚が生じる。
ヒトの眼は眼球、視神経、付属器からなる。眼球は光受容に関連する。角膜、瞳孔、水晶体などの構造は、光学的役割を果たす。網膜において光は神経信号に符号化される。視神経は、網膜からの神経情報を脳へと伝達する。付属器のうち眼瞼や涙器は眼球を保護する。外眼筋は眼球運動に寄与する。多くの動物が眼に相当する器官を持つ。動物の眼には、人間の眼と構造や機能が大きく異なるものがある。
眼は眼窩に位置し、眼球、視神経、付属器からなる。
眼球は外壁と内容物からなる。外壁は3層構造をなす。最外層は角膜と強膜からなる。中間層は眼球血管膜と総称され、虹彩、毛様体、脈絡膜からなる。最内層は網膜からなる。網膜は神経性網膜と色素上皮からなる。眼球の内容物には、水晶体、硝子体、眼房水がある。角膜と虹彩のあいだを前眼房とよぶ。虹彩と水晶体・硝子体のあいだを後眼房とよぶ。
視神経は網膜神経節細胞の軸索である。視神経は視神経乳頭から視交差へ向かう。視神経は視交差以降では視索となり外側膝状体、上丘、視交叉上核などへ向かう。視神経は視神経鞘に包まれる。視神経鞘には網膜中心動脈、網膜中心静脈なども包まれる。
眼球の外側には付属器が付く。眼瞼は眼球の前方に位置する。眼瞼は眼瞼皮膚で覆われる。眼瞼の辺縁部には睫毛が付く。結膜は眼瞼の裏面に位置する。涙器には涙腺と涙道がある。外眼筋は強膜に付く。

超高齢化社会の現代において、QOLに直結する感覚器官の医療はさらに重要となるでしょう。中でも眼科は非常に大切な分野と考えられています。加齢性黄班変性症、ドライアイ、緑内障、白内障、老視等、加齢により多くの罹患が考えられ、眼科における加齢に対抗する抗加齢医学研究が注目されています。
当サイトでは、その中でも近年注目を集める加齢性黄班変性症にクローズアップし、その定義や症例・最新の治療などについてまとめました。
快適な老後生活を送るために、まずは加齢による視覚の影響を学び、備えておくことをおすすめいたします。

加齢黄斑変性とは

加齢に伴い眼の網膜にある黄斑部が変性を起こす疾患である。失明の原因となりうる。以前は老人性円板状黄斑変性症と呼んでいた。またARMDと略していた頃もあった。難病情報センターのサイトにも本疾患の解説がある。

主な要因

酸化ストレス

活性酸素が産生され障害作用を発現する生体作用と、生体システムが直接活性酸素を解毒したり、生じた障害を修復する生体作用との間で均衡が崩れた状態のことである。生体組織の通常の酸化還元状態が乱されると、過酸化物やフリーラジカルが産生され、タンパク質、脂質そしてDNAが障害されることで、さまざまな細胞内器官が障害を受ける。
ヒトの場合、酸化ストレスは様々な疾患を引き起こす。たとえば、加齢黄斑変性、アテローム動脈硬化症、パーキンソン病、狭心症、心筋梗塞、アルツハイマー病、統合失調症、双極性障害、脆弱X症候群、慢性疲労症候群などか酸化ストレスが関与している。

黄斑

網膜中心部にある黄色の部位で、黄斑の中心に中心窩がある。眼球の最重要器官。この部分でいわゆる「見えるもの」を判断する。
キサントフィルという色素が局在しているため黄色を呈している。